いちじく2016/10/22 15:49

今年もいちじくがたくさん採れました。
五十公野地域はたくさん出荷してるんですよね。
子供の頃給食で出されたのを思い出します。

いちじくをワインと砂糖でコンポートにし、
それをカシスリキュールのゼリーに入れて予約のお客様に
デザートとしてお出ししました。
喜んでもらえてよかったです^^

ドライいちじくもやってみようかな。
オーブンで焼くだけで簡単に出来るようなので。

電球蛍光灯2016/10/23 15:17

もうすぐ丸7年になりますが、初めて店の電球型蛍光灯が切れました
Σ(゚д゚lll)

天井から長いコードでぶら下がっているやつです。

カウンターのダウンライトは何度も切れて面倒だったので
全部LEDにしたんですが、そっちは開店当初のまま・・・

最近ちょっと暗いのがいくつかあるなーとは思っていました。
よくもったな~と思う反面
これから次々切れてくるのでは・・・と思うと・・・

規定寿命は約13000時間。
ちょっと計算してみました。

1日7時間×6日(1週間)×4週×12ヶ月×7年=約14000時間

寿命ですね^^;

調べると同じ製品はとっくに生産終了。
次製品も生産終了。わずかに在庫販売しているところはあるようです。

2018年には電球型蛍光灯全て販売終了になるとか。。。
LEDにしろってことなんでしょうね。今のうちに買いだめしようか・・・

ハロウィン2016/10/28 10:44

まもなくハロウィンですが
商業的な意味でハロウィンがバレンタインを抜いたそうで…

某スーパーなんかレジの人まで「仮装もどき」にしてご苦労様です、って
感じです。
自国の文化にない風習を取り込んでしまう日本の気質に恐れ入ります。

そもそもハロウィンとは何ぞや、ってことですが
元々は古代ケルト人のお祭り(復活祭)だそうで、彼らにとって1年の終わり、大晦日が10月31日だったそう。

その日にこちらとあちらの世界の扉が開いて
ご先祖様の霊と一緒に悪霊も来る、ということらしい。

それで仮装が悪魔寄りなんですね。
かぼちゃに火を灯すのは魔よけだそうで。

ただ元々は「カブ」だったそうで、アメリカに渡った人たちが
カブがないのでかぼちゃで代用したのが今に至るそうですよ。

欧米伝来の風習は大抵キリスト教に由来しますが
ハロウィンは珍しくキリスト教に関係ない風習ということですね。

この辺ではどれほど浸透してるんでしょう。
新発田で仮装して外出・・・・まだないかな?w